津軽三味線でROCKする若き異端児

大野敬正の写真

津軽三味線奏者

大野敬正

新潟市出身。8歳より津軽三味線を始め、12歳の若さにして名取りを襲名。14歳で初代高橋竹山に認められ「竹山節本流継承者」となる。「伝統音楽を守りながら伝統音楽を壊す」その斬新な演奏スタイルに、国内外を問わず、今注目を集めている。

【出身地】新潟県新潟市
【血液型】O 型
【生年月日】1975 年12 月1 日生
【趣味】部屋の掃除、ジョギング、たまに筋トレ
【特技】やっぱり三味線
【好きな音楽】ROCK、HOUSE
【モットー】伝統音楽を守りながら伝統音楽を壊す
【夢】三味線を世界に広めたい
津軽三味線をひく大野敬正

2006年「SXSW」(アメリカ)に津軽三味線奏者として史上初の出演を果たし、全米ツアーを大成功に収める。
2007年『三味線魂!〜Shami Spirits〜』でメジャーデビュー。
2008年2nd.アルバム『SAMURAI』をリリースし、ヨーロッパツアーを開始。
2011年『鴎 KAMOME』でヨーロッパデビュー。「Japan Expo 2011」(パリ)にてメインステージ最終日のトリをつとめ、3千人超のオーディエンスを熱狂させる。
「ART ROCK」(フランス)へ出演。
2012年ヨーロッパツアー'12(フランス・スペイン・ポルトガル・ルーマニア・アルジェリア・ポルトガル・ルクセンブルク17公演)
2013年ヨーロッパから2ndアルバム『SPARK』をリリース
ヨーロッパツアー‘13(フランス・イタリア・ドイツ・ポーランド・スウェーデン6公演)、サウジアラビア公演
2014年ブラジル公演、ジブチ公演。パリで開催された経済協力開発機構(OECD)にて演奏。
2015年クウェート公演・ヨーロッパツアー’15(フランス・ドイツ・イタリア・ベルギー・オーストリア・ルクセンブルク20公演)
三味線ロックバンド
URUSHI

URUSHIは、日本の伝統楽器である津軽三味線とギター・ベース・ドラム・キーボードを融合させ、世界に通用する"JAPANESE ROCK"を創造すべく結成された5人組インストロックバンドである

大野敬正Keisho Ohno(津軽三味線)
古賀和憲Kazunori Koga(gt)
元岡 衛Mamoru Motooka(key)
高橋常尊Tsunetaka Takahashi(ba)
小林 亮Akira Kobayashi(ds)
URUSHI